機能的な勃起障害

精力100パーセント

機能的な勃起障害

ペニスは、性的刺激を受けることにより内部に血液が流れ込みます。
内部は、細かい血管が密集しスポンジ状になっており「海綿体」と呼ばれています。
それが血液を吸収し勃起するのです。

EDと呼ばれるいわゆる勃起障害のほとんどが、この血液を充満させる機能
の不調により起こります。

血液の流れが悪くなると、ペニス内部に血液が行き渡りにくくなり、
勃起に時間がかかる、また、勃起出来なくなると言った症状が現れます。

血液の流れを悪くする原因は主に、
糖尿病、運動不足、動脈硬化、栄養不足などがあります。

特に、糖尿病は、血液がシロップのようにドロっとしている為、
非常にEDになりやすい傾向にあります。
糖尿病患者はそれを患っていない男性に比べ、
約203倍もEDになりやすいと言われています。

また、至って健康的な人でも最近は栄養不足が目立ちます。
ファーストフードやコンビニ弁当、またデリカテッセンなどで
脂質ばかり摂るようになり、それが原因で血行が悪くなるのです。

それに加え喫煙者は更に血管を締めつけます。
これは身体のフィルターが、潜在的に危機管理的な反応を起こすことが原因です。
ニコチンを全身に巡らせないようにと血管を狭め、あえて血行を悪くするのですが、
もちろんこの現象も人の身体にとっては障害になります。
copyright(C)精力100パーセント