米国食品医薬品局

精力100パーセント

米国食品医薬品局

アメリカ食品医薬品局とは、日本で言う厚生労働省の中にある機関の一つです。

医薬品、動物用医薬品、国内の食糧供給、医療機器、
化粧品、電磁波を発するような製品の安全性と有効性を保証し、
それにより国民の安全性だけでなく、技術推進による製品の低価格化など、
国民が自ら健康を増進することを目的としています。
また、新しい医薬品や食糧に関する情報を、正しい科学的な見解で、
国民に伝えることも役割の一つです。

「Food and Drug Administration」のイニシャルを取ってFDAと呼ばれています。
そのFDAが、大韓民国で養殖されている貝類の衛生面の劣悪さを危惧しています。

なんと、海外にも輸出している牡蠣などを養殖している海水に、
人糞などが混入していると言うのです。
そしてこれは日本にも輸出されています。

恐らくこれは、船舶の構造上、排泄物を海に流すシステムがあり、
これを養殖地の付近でも行っていたことと、
韓国では未だに人間、または家畜の排泄物等を
海に廃棄しているという習慣がありますので、
それにより汚染されてしまったのかもしれません。

元々衛生管理がズサンだと言われている国で、日本の食品会社が、
一部商品の開発で韓国と提携しただけで評判が悪くなるなど、
日本人からも韓国の衛生管理については昔から懸念されています。
copyright(C)精力100パーセント